鷹・栗原、開幕スタメンへ猛アピール 紅白戦で2ラン「どんどん振っていくタイプ」

紅白戦に出場したソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】
紅白戦に出場したソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】

工藤公康監督は「有力な選手」と開幕スタメン候補と認める

 ソフトバンクは28日、本拠地PayPayドームで紅白戦を行い、売り出し中の栗原陵矢捕手がライトスタンドへの2ランを放った。24日のシート打撃に続いての一発は、見守る首脳陣に大きなアピールとなった。

 本塁打を含む3安打を放ったのは24日のシート打撃。この日は紅白戦という実戦の中で3回1死一塁の場面で、石川柊太からライトスタンドへと運ぶ2ラン。さらなるアピールに成功し「ランナーが一塁にいたので一、二塁間に打とうという気持ちはありました。そこに引っ張れるボールが来たので思い切り振っていこう、と。僕はどんどん振っていくタイプなので、いい感じで捉えることができました」と振り返った。

 この日は同じ若手捕手の九鬼隆平も2点タイムリーとソロ本塁打で3打点。ライバルの活躍に「負けてられない」としながらも「かといって自分の何かを変えるわけじゃない」と、あくまでも自分の打撃スタイルを貫いてアピールしていくつもり。シート打撃から続く長打のアピールにも「僕はホームランバッターではないので、長打は打つにしても率を残したいんです」とアベレージバッターとしての成長を目指していく。

 試合の途中からレフトの守備に回ると、甲斐拓也が放った打球をフェンス際でうまく処理してシングルヒットに抑えたほか、走塁面でも積極的に三盗に挑むなど打撃以外でのアピールも忘れず。工藤公康監督も「有力な選手であるとは言える」と開幕スタメン候補であることを認めていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY