中止となった交流戦はシーズン順位に影響を及ぼすか? 過去5年間の成績から検証

西武・辻監督、巨人・原監督、DeNA・ラミレス監督、ソフトバンク・工藤監督(左上から時計回り)【写真:荒川祐史】
西武・辻監督、巨人・原監督、DeNA・ラミレス監督、ソフトバンク・工藤監督(左上から時計回り)【写真:荒川祐史】

開幕が6月19日に決まったプロ野球だが、交流戦18試合は中止に

 2020年のプロ野球の開幕が6月19日に決まった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期となっていたが、政府の緊急事態宣言の解除を受けて、当初は無観客ではあるものの、正式に開幕日が決定した。6月2日から練習試合が行われ、2週間の実戦調整を経て開幕に向かうこととなる。

 本来より3か月遅れで始まることになる2020年シーズン。例年と大きく変更となるのが、セパ交流戦の中止、そしてオールスターの中止だろう。クライマックスシリーズについてはセ・リーグが中止、パ・リーグは縮小での開催となる可能性が伝えられている。

 その中でシーズンの順位に影響を与えるのが、交流戦だ。異なるリーグの6球団と3試合ずつ戦い、年に18試合を戦うことになる。ここで大きく白星を積み重ねることができれば、ペナントレースでも有利になるし、逆に黒星が増えると、ペナントレースでも苦しくなる。

 異なるリーグとの対戦で、各球団の得意不得意もあるだろう。ソフトバンクは過去最多8回の交流戦優勝、最高勝率を誇っており、逆にDeNAは5度、広島は4度の最下位になるなど、あまり得意とはしていない印象が強い。

 では、果たして、交流戦の成績がどこまでシーズンの成績に影響を及ぼすのか。過去5年間のシーズン成績と交流戦成績から検証してみよう。昨季から見ていく。

昨季、交流戦で低迷した広島はリーグ間だけなら2位の成績だった

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY