西武高橋光、2日巨人戦に先発 同級生・岡本との対戦に闘志「しっかり抑えたい」

西武・高橋光成【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
西武・高橋光成【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

西口コーチも太鼓判「前回の紅白戦よりだいぶ良くなっていたし、ボールもいい」

 西武の高橋光成投手が2日の巨人との練習試合(東京ドーム)に先発する。3月15日以来の対外試合に先発する右腕は「久々に実戦に入れることと、巨人打線に投げられることが楽しみ」と笑顔を見せた。

 小さい頃は巨人ファンだったという高橋光は、強打者の多い巨人打線に「自主練習期間中にやってきたことを試してみたい」と話し、特に岡本和真内野手については「同級生でファームの時はたくさん打たれたので、明日はしっかり抑えたい」と要注意人物に挙げた。

 先日の紅白戦では「いつもの自分じゃないみたいで力みすぎた」と振り返ったが、この1週間で好調時の感覚を思い出させるような練習を行い、状態は周りから見てもわかるくらいに良いものになっている。「開幕に向けてもっと良くなるよう練習していきたい」と頷いた。

 この日はブルペンで全球種38球を投げ込み、見守った西口投手コーチは「前回の紅白戦よりだいぶ良くなっていたし、ボールもいい。開幕に向けて調子を上げていってほしい」と合格点。「1年間しっかりローテーションを守ってほしい」と期待を寄せる。

 高橋光は「良いスタートダッシュがきれるよう調整していきたい」と、頼もしい言葉で球場を後にした。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY