野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス二保、2日オリックス戦に先発 「結果を残すしかない、1点もやらないつもり」

ソフトバンクの二保旭投手が2日に行われるオリックス戦(京セラドーム)に先発する。移動前にPayPayドームで練習を行った右腕は、練習後にオンライン会見で意気込みを語った。

ソフトバンク・二保旭【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・二保旭【写真:藤浦一都】

18日に30歳「先輩として自覚ある行動を」

 ソフトバンクの二保旭投手が2日に行われるオリックス戦(京セラドーム)に先発する。移動前にPayPayドームで練習を行った右腕は、練習後にオンライン会見で意気込みを語った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 対外試合の初戦を託された右腕は「プレッシャーはないし、普通の1試合として投げますよ」と気負うことなくマウンドに上がるつもりだ。それでも「(登板の)テーマどうこうよりも結果を残すしかない。1点もやらないつもりで投げます。内容も大事ですが今は結果にこだわりたい」と、強い気持ちは忘れない。

 活動休止の自粛期間は「僕は野球しか取り柄がないのでストレスが貯まりました」とし、「こうして明日からみんなと野球ができることが幸せだし、楽しみでしかない。まあ、(自粛期間で)メンタルは鍛えられましたね」と笑う。

 18日には30歳の誕生日を迎えたが「誕生日は親に感謝する日だと思っているので、特別なものはないけど、年下の子も増えてきたので先輩として自覚ある行動をして、ひっぱっていけたらと思います」と少し控えめに語った。

「今年は先発として調整させてもらっているので、気持ち的には(去年と)まったく違う。このまま結果を出し続ければ開幕ローテも見えてくる。そこを全力で目指したい」と、結果にこだわる理由を口にした。工藤公康監督によると、2日は4イニングを目安に投げる予定。右肘の手術で長期間のリハビリを体験した苦労人は、開幕ローテを勝ち取るために猛牛打線に挑んでいく。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」