野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 屋鋪要氏が長嶋監督と交わした約束 “巨人軍は紳士たれ”も口髭を貫いた訳

屋鋪要氏が長嶋監督と交わした約束 “巨人軍は紳士たれ”も口髭を貫いた訳

Full-Countでは、DeNAベイスターズの前身の大洋ホエールズ(1950~52年、55~77年)と横浜大洋ホエールズ(78~92年)で活躍した、個性豊かな名選手を取り上げている。今回は、球界きっての“いだてん”として鳴らし盗塁王を3度獲得、現在は野球指導者の他、鉄道写真家、鉄道模型のレイアウト製作者としても活躍中の屋鋪要さんの登場だ。

大洋、巨人で活躍した屋鋪要氏【写真 :神立尚紀】
大洋、巨人で活躍した屋鋪要氏【写真 :神立尚紀】

長嶋茂雄監督からまさかの一言

 Full-Countでは、DeNAベイスターズの前身の大洋ホエールズ(1950~52年、55~77年)と横浜大洋ホエールズ(78~92年)で活躍した、個性豊かな名選手を取り上げている。今回は、球界きっての“いだてん”として鳴らし盗塁王を3度獲得、現在は野球指導者の他、鉄道写真家、鉄道模型のレイアウト製作者としても活躍中の屋鋪要さんの登場だ。

【PR】開幕後は7月2日まで全試合配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 横浜大洋の「スーパーカートリオ」の1人として活躍した屋鋪さんだが、チーム名が横浜ベイスターズとなった1993年のオフ、若返りを図るチーム方針から外れ自由契約となり、34歳で巨人に移籍。現役生活最後の2年間を過ごした。

 巨人は選手にヒゲを蓄えることを許さないのが伝統で、他球団でヒゲをトレードマークにしていた選手であっても、移籍と同時に剃るケースがほとんどだ。しかし、屋鋪さんは口ヒゲを通した。そこには裏話がある。「入団当初、当時の長嶋茂雄監督から、こっそり『剃るなよ』と言われたんですよ。『どう思う? ウチの選手はスカートをはいて野球をやっているようなヤツばかりだろ?』と言われました」

 ミスタージャイアンツは、実は巨人の伝統からはみ出すくらいの、野性味あふれる選手が好きだったのだ。「まあ、僕自身も剃る気はなかったですけどね。『巨人軍は常に紳士たれ』という言葉がありますが、紳士だってヒゲは生やすでしょ」と屋鋪さんはいたずらっぽく笑う。94年にはリーグ優勝と日本一に貢献。史上最高の決戦といわれる“10・8”にも守備固めで出場した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」