野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹の最速160キロ左腕・古谷がAJ斬り! 最速151キロで1回パーフェクト2奪三振

ソフトバンクの古谷優人投手が、オリックスの主軸をねじ伏せた。2日、京セラドームでの練習試合。3番手として6回に登板すると、ロドリゲス、吉田正尚、ジョーンズの中軸から2つの三振を奪った。

オリックス戦に3番手として登板したソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】
オリックス戦に3番手として登板したソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】

対外試合再開初戦で3番手として登板し、オリックスの中軸をねじ伏せる

 ソフトバンクの古谷優人投手が、オリックスの主軸をねじ伏せた。2日、京セラドームでの練習試合。3番手として6回に登板すると、ロドリゲス、吉田正尚、ジョーンズの中軸から2つの三振を奪った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 敵地のマウンドで最速160キロを誇る古谷が好投した。1点リードの6回にマウンドへ上がると、まず先頭のロドリゲスへ151キロの真っ直ぐを投げ込んだ。追い込むと変化球で空振り三振に。続く吉田正もニゴロに打ち取り、2死とした。

 ここで打席にはメジャー通算282本塁打のジョーンズを打席に迎える。3ボール1ストライクとボールが先行したものの、強気に勝負。151キロの真っ直ぐでファウルを打たせるなどフルカウントとすると、最後は低めの変化球で空振り三振に仕留めた。まだまだ制球に乱すところがあり課題を残す古谷だが、この日は圧巻の投球だった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」