ダルビッシュ、大谷らが白人警官の黒人殺害事件に抗議「Blackout Tuesday」

カブス・ダルビッシュ有(左)とエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
カブス・ダルビッシュ有(左)とエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

トラウト、ベリンジャーら多くの選手が自身のSNS上に黒い画面を表示した

 カブスのダルビッシュ有投手やエンゼルスの大谷翔平投手ら多くのメジャーリーガーは2日(日本時間3日)、米ミネソタ州で起きた白人警官による黒人男性殺害事件に対し、自身のツイッター、インスタグラムなどSNS上で抗議する意思を示した。

「Blackout Tuesday」の活動に応じたもので、ダルビッシュは自身のツイッターに真っ黒の画面を投稿。大谷は開設したばかりのインスタグラムに黒い画面を表示させた。エンゼルスのマイク・トラウト外野手やアルバート・プホルス内野手、アストロズのホセ・アルトゥーベ内野手、ブルワーズのクリスチャン・イエリッチ外野手、ドジャースのクレイトン・カーショー投手やコーディ・ベリンジャー外野手、ロッテのブランドン・レアード内野手ら多くの選手たちが真っ黒の画面を投稿している。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY