野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・栗原が連日のアピール! 特大弾含む2安打、対外試合初登板の高橋礼は4回1失点

ソフトバンクは4日、京セラドームでオリックスと練習試合を行い、3-3で引き分けた。開幕スタメン獲りが期待される6年目の栗原陵矢捕手が5階席へと叩き込む特大弾を含む2安打と連日の活躍。オリックスはルーキーの勝俣が安打を放ち、1軍生き残りをアピールした。

「6番・捕手」で先発出場したソフトバンク・栗原陵矢【写真:福谷佑介】
「6番・捕手」で先発出場したソフトバンク・栗原陵矢【写真:福谷佑介】

オリックスのルーキー勝俣も1安打を放ち開幕1軍生き残りをアピール

 ソフトバンクは4日、京セラドームでオリックスと練習試合を行い、3-3で引き分けた。開幕スタメン獲りが期待される6年目の栗原陵矢捕手が5階席へと叩き込む特大弾を含む2安打と連日の活躍。オリックスはルーキーの勝俣が安打を放ち、1軍生き残りをアピールした。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは2点ビハインドの3回に牧原、柳田の適時打で2点を奪って同点に。6回には前日3安打猛打賞と結果を出していた栗原が、K-鈴木から京セラドーム5階席に届く特大の勝ち越しソロを放った。栗原は第1打席にも右中間への二塁打を放っており、2試合連続のマルチ安打の活躍だった。

 先発のバンデンハークは初回に4本の安打を集中されていきなり2失点。ただ、2回以降は立ち直り、4回まで5つの三振を奪うまずまずの投球を見せた。右腕は4回5安打2失点。2番手で登板したのは左太もも裏肉離れから復帰した高橋礼。今季初の対外試合登板となったサブマリンは8回に後藤にソロを許したが、4回を投げて1安打1失点、4奪三振という内容だった。

 オリックスは先発の荒西が3回に2失点。2番手のK-鈴木は栗原に1発を浴びたが、150キロを超える真っ直ぐを軸に3回を1失点に封じた。打線では初回に新助っ人のジョーンズが再開した対外試合で初安打となる適時打。また「5番・三塁」でスタメン出場した勝俣が初回に左前安打とアピールしていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」