野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

虎ボーア3戦連発6打点!鷹・栗原は5階席驚弾…練習試合再開でアピールした選手は?

19日の公式戦開幕を決めたプロ野球は各球団が2日から練習試合を再開した。前例のない自粛期間を経て、開幕1軍、開幕スタメンへ向けてアピールした選手は? 練習試合再開3日目までに活躍が目立った選手をピックアップしたい。

阪神のジャスティン・ボーアとソフトバンク・栗原陵矢(左から)【写真:荒川祐史、藤浦一都】
阪神のジャスティン・ボーアとソフトバンク・栗原陵矢(左から)【写真:荒川祐史、藤浦一都】

19日開幕のプロ野球は2日から練習試合を再開、DeNAオースティンは場外弾

 19日の公式戦開幕を決めたプロ野球は各球団が2日から練習試合を再開した。前例のない自粛期間を経て、開幕1軍、開幕スタメンへ向けてアピールした選手は? 練習試合再開3日目までに活躍が目立った選手をピックアップしたい。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 阪神のボーアはまさに本番モードだった。広島との練習試合3連戦で4番で先発出場し、3試合連続本塁打。4日のアーチは右翼ポール際へライナー性の打球でかっ飛ばす規格外の驚弾だった。計8打数4安打の打率.500、6打点の大暴れでチームを3連勝に導いた。ダイヤモンド一周後には“かめはめ波”のようなポーズも披露。新天地にも慣れてきているようだ。

 阪神のガンケルは3日に4回2安打無失点。秋山は4日に5回無四球4安打無失点と好投し、それぞれ開幕ローテーション入りへ前進した。広島では九里が3日に4回1安打無失点。遠藤が4日に4回1安打1失点。開幕ローテ入りをアピールした。

 ソフトバンクの6年目の栗原はド派手に開幕スタメンへアピール中だ。3日のオリックス戦で3安打1打点、4日の同戦でも京セラドームの5階席へ突き刺す特大弾を含む2安打1本塁打。連日の大活躍で開幕スタメンをアピールしている。本職は捕手だが、一塁手や外野手で出場している。工藤監督にとっては嬉しい悩みとなりそうだ。

 6年目の上林は2日に2本の適時打を含む3安打2打点の活躍。昨季故障に苦しんだ柳田も3日に豪快な一発を放ち、4日にはコンパクトなスイングで中前へ。2戦連続打点と開幕へ順調な仕上がりぶりだ。オリックスでは大物助っ人ジョーンズが練習試合再開3戦目となる4日に初安打となる先制打を放った。ここからギアを上げてきそうだ。アルバースは3日に3回2安打無失点。6奪三振の力投で開幕ローテ入りをアピールした。

 DeNAのオースティンは練習試合再開初戦となった2日の楽天戦で左翼場外へ勝ち越し2ラン。いきなり3打数3安打2打点の活躍を見せた。翌3日も3打数1安打。4日は欠場となったが、レイズへ移籍した筒香嘉智に引けを取らない破壊力を見せつけている。楽天では涌井が3日に先発し、3回無安打無失点。新天地での開幕へ調整は順調だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」