燕・山田哲、巨人パーラの強肩スローを上回る忍者走塁 ファン称賛「神の右手」

ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】
ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】

山田哲人は6回2死二塁で雄平の右前打で本塁へ突入、小林のタッチをかいくぐった

 ヤクルトの山田哲人内野手は5日、巨人との練習試合(東京ドーム)で忍者走塁を見せた。

 1点リードの6回2死二塁、雄平の右前打で二塁から本塁へ突入した。メジャーで2度のゴールドグラブ賞を獲得した右翼・パーラからノーバウンドで返球。厳しいタイミングだったが、小林のタッチをかいくぐる好走塁を見せた。

 DAZN公式ツイッターは「#パーラの強肩VS#山田哲人の脚 軍配はどちらに?」と動画を投稿。ファンからは「カッコいいけど開幕前にケガだけは気をつけて」「これは紙一重」「山田上手いな」「神の右手」などとコメントされていた。

【動画】「これは紙一重」タイミングはアウトも神走塁で生還したヤクルト・山田哲人の好走塁映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY