巨人小林、会心の一発で正捕手争いに待った! 豪快弾に原監督も驚きの表情

巨人・小林誠司【写真:荒川祐史】
巨人・小林誠司【写真:荒川祐史】

2点リードの4回の第2打席でヤクルト小川から左翼席へ豪快なソロアーチ

 巨人の小林誠司捕手が6日、東京ドームで行われたヤクルトとの練習試合に「8番・捕手」でスタメン出場。第1打席で二塁打を放つと、4回の第2打席では左翼席へ会心のソロアーチを描いた。

 2点リードで迎えた4回2死走者なし。小林はヤクルト小川が投じた140キロのシュートを強振すると打球は高々と舞い上がり左翼席へ着弾した。

 ゆっくりとダイヤモンドを回りベンチの前では両手でガッツポーズを見せた小林。第1打席では二塁打、そして第2打席で会心の一発を放った小林に原監督も驚きの表情を見せていた。

 巨人は打撃で猛アピールを見せる大城、そして小林が激しい正捕手争いを続けている。

【動画】原監督も目を見開き驚きの表情! 小林がヤクルト小川から放った会心のソロアーチ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY