野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

山田久志、福本豊にブーマー、イチローも! 「プレイバックORIX」で球史にふれる

オリックスは球団公式YouTubeチャンネル「BsTV」にて、関西テレビ協力のもと、過去のアーカイブ映像「プレイバックORIX」を配信している。公開中の内容に沿って、阪急そしてオリックスの歴史を振り返ってみたい。

オリックスが過去のアーカイブ映像「プレイバックORIX」を配信している【画像:パーソル パ・リーグTV】
オリックスが過去のアーカイブ映像「プレイバックORIX」を配信している【画像:パーソル パ・リーグTV】

阪急ブレーブスは10度のリーグ優勝、3度の日本一を飾った

 オリックスは球団公式YouTubeチャンネル「BsTV」にて、関西テレビ協力のもと、過去のアーカイブ映像「プレイバックORIX」を配信している。公開中の内容に沿って、阪急そしてオリックスの歴史を振り返ってみたい。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「阪急」の創立は1936年1月23日。創始者は阪急電鉄や宝塚歌劇団と同じ小林一三氏である。1リーグ時代の阪急は41年と49年の2位が最高で優勝はならず。47年にチーム名を「阪急ブレーブス」とし、50年よりパ・リーグに加盟した。

 50年代も頂点に立つことはなく、長らくくすぶっていた阪急だったが、ついに歓喜の時が訪れる。67年、スタートダッシュに成功した阪急は、5月中旬から首位の座を守り抜き、最終的には2位の西鉄に9.0ゲーム差をつけて球団初のパ・リーグ優勝。打線はリーグ断トツの143本塁打を放ち、投手ではサブマリン・足立光宏投手が最優秀防御率1.75でMVPを獲得した。「プレイバックORIX」では、胴上げされる西本幸雄監督や、観客が客席からなだれ込んで歓喜するという今では考えられないシーン、西宮に戻ってビールかけをする選手たちが見られる。

 西本監督率いる阪急は初優勝からリーグ3連覇を成し遂げた。67年の足立投手から、米田哲也投手、長池徳二外野手とMVPを3年連続で輩出し、一気に常勝軍団へ変貌。1968年の最終戦でリーグ優勝を決めるサヨナラ本塁打を放った矢野清外野手の姿は「プレイバックORIX」で配信している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」