野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜそこに… 広島メヒア呆然の“中前二ゴロ”にファン絶賛「残念そこは大城」

7日に京セラドームで行われたオリックス対広島戦で“守備位置の概念を覆す”新たなポジショニングが生まれた。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeはオリックスの大城が見せた絶妙守備を公開しファンも「作戦通り」「セカンドに打ってしまえば望みはありません!」と驚きの声を上げている。

オリックス・大城滉二【写真:荒川祐史】
オリックス・大城滉二【写真:荒川祐史】

強烈なライナーが中前で弾むも、オリックスの大城が絶妙なポジショニングで処理

 7日に京セラドームで行われたオリックス対広島戦で“守備位置の概念を覆す”新たなポジショニングが生まれた。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeはオリックスの大城が見せた絶妙守備を公開しファンも「作戦通り」「セカンドに打ってしまえば望みはありません!」と驚きの声を上げている。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 なぜそこに? 驚きのポジショニングで“中前二ゴロ”に仕留めたのはオリックスの大城だった。2回1死走者なしの場面で広島メヒアが放った打球は強烈なライナーで中前に弾んだ。だが、二塁を守る大城は中堅手前にポジショニングをとっており、ワンバウンドで打球を処理すると一塁へ送球しアウトを奪った。

 誰もが中前打を確信した打球だったが記録は二ロゴに。大城が見せた絶妙なポジショニングにファンも「作戦通り」「セカンドに打ってしまえば望みはありません!」「ほぼセンターゴロ」「残念そこは大城」「普通ならヒット」と絶賛していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」