鷹・千賀、実戦復帰で最速157キロ 2軍オリ戦で2回途中1安打3四死球

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

キャンプ中にふくらはぎ、右前腕部と相次いで故障

 ソフトバンクの千賀滉大投手が7日、オセアン舞洲で行われたファーム練習試合オリックス戦で実戦復帰を果たし、1回1/3を投げて1安打3四死球1失点という内容だった。右前腕部の違和感で離脱していた千賀は今季初の対外試合登板だった。

 今季初の対外試合のマウンドに上がった千賀。先頭の西浦に対して、初球に156キロ、2球目にはこの日の最速タイとなる157キロを記録するも、3球連続ボール。その後、フルカウントまで持ち直したが、結果的には四球。続く西村にも四球と2者連続四球で無死一、二塁のピンチを背負った。

 大下の犠打で1死二、三塁とされたが、続く松井佑を156キロの真っ直ぐで一邪飛、宗を151キロで遊ゴロに打ち取って得点は与えなかった。2回は先頭の白崎に死球を与えると、続く山足に右前安打を浴びた。フェリペのバントで二塁走者を三塁で封殺したところで、降板に。復帰戦は1回1/3を投げて、1安打3四死球、最速は157キロだった。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY