巨人湯浅が特大3ラン、西武松坂は1回0封も開幕2軍決定…7日練習試合の結果は?

中日・荒木コーチと挨拶をかわす西武・松坂大輔【写真:宮脇広久】
中日・荒木コーチと挨拶をかわす西武・松坂大輔【写真:宮脇広久】

西武は松坂がリリーフで登板、1回無安打無失点も開幕2軍に

 プロ野球は7日、各地で練習試合を行った。西武は松坂大輔投手が3月22日・中日との練習試合以来、77日ぶりに登板。1回無安打無失点1四球の内容だったが試合後に辻監督は開幕2軍を明言した。

○楽天6-1ロッテ(ZOZOマリン)

 楽天は1点先取された初回、ブラッシュの左翼への豪快なソロで同点に追いつくと、2回にはロメロの2ランなどで追加点を奪った。ロメロはこの日、3打数3安打と結果を残した。ロッテ先発の美馬は3回6失点だったが、リリーフ陣は好投をみせた。

○オリックス6-3広島(京セラドーム)

 オリックスは先発山本が5回1アウトまでパーフェクト投球をみせるが、曾澤に内野安打を許すと、そこから連打を浴び3失点。打線は初回「4番・一塁」で先発出場したロドリゲスが左中間へ2ランを放った。広島の先発森下は4回2/3イニング6失点(自責4)と課題を残した。

○西武11-1中日(メットライフドーム)

 西武は2回、金子、源田の適時打で4点を先制。9回にも中日6番手岡田から5点をとるなど、計11安打を放ち大勝した。好調スパンジェンバーグはこの日も右前安打を放ち、これで4試合連続安打となった。先発の與座は緩急をつけたピッチングで4回1失点の好投を見せ先発ローテ入りへアピール。松坂は1回無安打無失点だったが開幕2軍が決まった。中日は10安打を放つも、1得点に終わった。

DeNAはソト、オースティン、巨人は湯浅、丸が2者連続アーチ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY