野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武新助っ人、鷹栗原、巨人中島… アピール光る12球団の選手は?

6月19日に今季の開幕を迎えるプロ野球。6月2日には練習試合が再開されて、各球団6試合ずつ(巨人と西武は4試合ずつ)を消化した。ちょうど1クール分の戦いを終え、開幕スタメン獲りや定位置奪取へ猛アピールを見せた選手もいる。

巨人・中島宏之(左)とソフトバンク・栗原陵矢【写真:荒川祐史、藤浦一都】
巨人・中島宏之(左)とソフトバンク・栗原陵矢【写真:荒川祐史、藤浦一都】

6月2日から再開された対外試合は1クール目が終了した

 6月19日に今季の開幕を迎えるプロ野球。6月2日には練習試合が再開されて、各球団6試合ずつ(巨人と西武は4試合ずつ)を消化した。ちょうど1クール分の戦いを終え、開幕スタメン獲りや定位置奪取へ猛アピールを見せた選手もいる。

【動画】これぞ中島の打撃! 147キロの直球を逆後方へ、右翼席に飛び込むソロアーチ

 そこでここでは、この1週間の練習試合の結果を振り返り、ここまでにアピールに成功した主な選手をピックアップ。野手から期待の若手や選手を探ってみたい。まずはパ・リーグから、だ。

○西武
スパンジェンバーグ 11打数8安打4本塁打7打点 .727

○ソフトバンク
栗原陵矢 17打数8安打1本塁打5打点 .470
三森大貴 10打数5安打0本塁打2打点 .500
周東佑京 12打数4安打0本塁打0打点 .333
上林誠知 25打数9安打0本塁打4打点 .360

○楽天
辰己涼介 15打数6安打0本塁打5打点 .400
内田靖人 9打数4安打1本塁打2打点 .444

○ロッテ
佐藤都志也 10打数3安打3本塁打5打点 .300
藤岡裕大 14打数5安打2本塁打7打点 .357

○日本ハム
谷口雄也 9打数4安打0本塁打1打点 .444

○オリックス
後藤駿太 19打数6安打2本塁打5打点 .315

 まずパ・リーグで目を見張る活躍を見せているのが、西武の新助っ人スパンジェンバーグ。ここまでの4試合で打率.727、4本塁打と驚異的なバッティングを見せている。強力な西武打線の中で、現状8番を打つことが多くなっているが、その位置でこれだけの打撃をこのまま続けられれば、他球団にとっては脅威というしかない。

 若手のアピールが目立つのはソフトバンク。栗原が打ちまくり、開幕スタメンに近づいているだけでなく、上林も.360をマークしており、こちらも右翼の開幕スタメンに前進中。さらに三森が打率.500、韋駄天の周東も.333と好打率を残しており、競争は激しい。

 楽天では辰己が好打を見せ、期待の内田も打席は少ないながら、.444を残す。ロッテは新人捕手の佐藤が放った3安打全てが3本塁打という当たりっぷり。藤岡も打率.357、2本塁打と遊撃手のレギュラー争いをリードする。日本ハムは谷口、オリックスは後藤と中堅の2人が定位置獲りへアピールを続けている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」