野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 最高のフォーシームの使い手は誰か? 謎の解説者お股ニキが独断で厳選

最高のフォーシームの使い手は誰か? 謎の解説者お股ニキが独断で厳選

日本では平松政次のカミソリシュート、伊藤智仁の高速スライダー、潮崎哲也のシンカー、上原浩治のスプリット、藤川球児の火の玉ストレート、メジャーではマリアーノ・リベラのカットボール、ティム・ウェイクフィールドのナックルボールなど、野球界には「魔球」と呼ばれるボールがある。マウンド上で魔球を操り、打者に手も足も出させないピッチャーの姿は圧巻そのもの。野球好きなら見逃してはほしくない最高の場面でもある。

ヤンキースのゲリット・コール【写真:Getty Images】
ヤンキースのゲリット・コール【写真:Getty Images】

野球の新たな視点を提案する“プロウト(プロの素人)”お股ニキによる新連載スタート

【お股ニキが選ぶ3+1・MLB編 第1回 4シーム】

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 日本では平松政次のカミソリシュート、伊藤智仁の高速スライダー、潮崎哲也のシンカー、上原浩治のスプリット、藤川球児の火の玉ストレート、メジャーではマリアーノ・リベラのカットボール、ティム・ウェイクフィールドのナックルボールなど、野球界には「魔球」と呼ばれるボールがある。マウンド上で魔球を操り、打者に手も足も出させないピッチャーの姿は圧巻そのもの。野球好きなら見逃してはほしくない最高の場面でもある。

 現役の中にも、他と一線を画するボールでアウトの山を積み上げる投手は数多い。だが、誰の何を見たらいいのか分からない…というアナタの声に応えるのが、新連載「お股ニキが選ぶ3+1」だ。SNSや著書を通じ、野球の新たな視点を提案する謎の解説者・お股ニキ氏が、各球種における「球界トップ3」を独断と偏見でピックアップ。トップ3入りはならずも要チェックの「プラス1」を加えた4投手を解説とともにご紹介していく。まずはメジャーリーグから。

 第1回はピッチングの基礎であり、組み立ての軸ともなる「4シーム」だ。いわゆる「真っ直ぐ」と言われる4シームだが、お股ニキ氏によれば、どうやらカギは「縦の変化量」にあるようだ。どんな顔ぶれとなったのか。早速、見てみよう。
(データはBaseball Savant、FanGraphs、BrooksBaseballによる。主なデータ項目の説明は最後に付記)

【1位】ジョシュ・ヘイダー(ブルワーズ)左投
回転効率96.7% 平均球速95.5マイル(約153.7キロ) Spin Axis 10:54 2123回転 
空振り率22.6% 使用割合82.9% 被打率.167 ピッチバリュー/100:1.4

 100マイル(約160.9キロ)を超える速球も珍しくない昨今のMLBにおいて、4シームの平均球速は95.5マイル(約153.7キロ)、回転数は2123回転と共に驚くほどの数字とは言えない。それにも関わらず、ヘイダーのストレートには“分かっていても打てない”全盛期の藤川球児が投げる「火の玉ストレート」のような要素がある。その理由は160センチほどの低いリリースポイントから96.7%という高い回転効率で放たれたボールが、シュート回転しながら浮き上がるように描く軌道、そして高めへの制球にある。そのため、投球の8割以上を4シームが占め、来るのが分かっているはずなのに、打者のバットはボールの下を通って空振りしてしまう。

 藤川の4シームは回転角度が縦に近く、ヘイダーは横に近いため、厳密に言えば異なるタイプだが、高い回転効率でホップするような軌道を描き、ゾーン高めで多くの空振りを奪う点は共通している。ヘイダーのように低いアングルから投げれば、打者にはよりボールが浮き上がってくるように見せられる。最も打たれやすいはずの4シームをこれだけ多投し、打者の大半を三振に斬ってしまうヘイダーの4シームは魔球だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」