野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

NPBが12球団全選手へPCR検査実施へ コミッショナー「安全な開催に向け準備したい」

プロ野球12球団は8日、オンラインで臨時12球団代表者会議を実施。先日行われた新型コロナウイルス対策連絡会議での専門家チームからの提言を受け、12球団全選手らへの事前のPCR検査実施について協議した。

NPBの斉藤惇コミッショナー【写真:荒川祐史】
NPBの斉藤惇コミッショナー【写真:荒川祐史】

プロ野球12球団はオンライン上で臨時12球団代表者会議を実施

 プロ野球12球団は8日、オンラインで臨時12球団代表者会議を実施。先日行われた新型コロナウイルス対策連絡会議での専門家チームからの提言を受け、12球団全選手らへの事前のPCR検査実施について協議した。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 会議では、まずは開幕前に検査ができるよう努力し、月に1度の検査を定期的に行う方針を全球団一致で確認。検査は監督、コーチ、選手、スタッフら全員および審判員を対象としており、詳細については専門家チームに再度確認を行い、近く発表するという。

 3日には巨人・坂本勇人内野手、大城卓三捕手が新型コロナウイルスのPCR検査の結果、陽性と判定、その後の検査で陰性となっていた。斉藤惇コミッショナーはNPBのホームページ上で「今後も第2波、第3波も想定され、予断を許さない状況は続いております。それでも、当初は難しいと思われていた全選手へのPCR検査を行うことができるということで、安全な試合開催に向けしっかりと準備を続けて参りたいと思います」とコメントした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」