最大のライバルを倒す―報徳学園エース・坂口が切り替えた“無敗”という目標

報徳学園・坂口翔颯【写真:橋本健吾】
報徳学園・坂口翔颯【写真:橋本健吾】

身長178センチ、82キロから美しい投球フォームで最速142キロと多彩な変化球を誇る

 Full-Countでは高校最後の夏を完全燃焼し、次のステージを見据える選手を応援する企画「#このままじゃ終われない」をお届けする。球児たちは“最後の舞台”に向け練習を再開。前を向く姿を、後押ししたい。1回目はしなやかなフォームで潜在能力の高さを感じさせる報徳学園のエース・坂口翔颯投手だ。

 名門・報徳学園のエースナンバーを背負う。身長178センチ、82キロから美しい投球フォームで最速142キロを誇り、カーブ、カットボール、ツーシーム、フォークなど多彩な変化球を操る本格派右腕だ。昨秋の兵庫県大会では決勝戦でドラフト上位候補の明石商・中森俊介投手に投げ勝ち、9回1失点完投でチームを優勝に導いた。

 近畿大会では初戦で天理(奈良3位)に敗れ、選抜出場を逃し、最後の夏にかける思いは人一倍だったが、全国の舞台に立つ挑戦権はなくなった。

 追い打ちをかけるように全体練習も一時中断。6月4日から練習再開となったが、それまでは自宅でのトレーニングがメイン。だが、報徳学園の大角監督は「何も心配いらないぐらいチーム全体としても動きが良かった。過去のチームを見ても本当によくやっているし、凄い奴らだなと思う」と目を細めている。

最大のライバルはドラフト上位候補の中森、来田を擁する明石商

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY