野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜ工藤監督は高橋礼の開幕ローテ入りに慎重か? 避けたい再離脱と台所の余裕

4年連続日本一を狙うソフトバンク。6月19日の開幕に向けて練習試合を通して調整を進め、選手の見極めやふるい落とし、そして様々なシミュレーションを進めている。9日のオリックス戦では先発ローテ候補の高橋礼投手とリック・バンデンハーク投手が登板。2人が揃って4回無失点と好投し、結果を残した。ただ、工藤公康監督はこの2人に対して、少々異なるコメントを残している。

ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】

工藤監督は9日の試合後に高橋礼の中継ぎ起用の可能性を示唆

 4年連続日本一を狙うソフトバンク。6月19日の開幕に向けて練習試合を通して調整を進め、選手の見極めやふるい落とし、そして様々なシミュレーションを進めている。9日のオリックス戦では先発ローテ候補の高橋礼投手とリック・バンデンハーク投手が登板。2人が揃って4回無失点と好投し、結果を残した。ただ、工藤公康監督はこの2人に対して、少々異なるコメントを残している。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 バンデンハークについては「今日の感じはいいと思いましたけどね。この感じが出せるなら先発でいけるんじゃないかなと思います」と先発ローテ入りを匂わせた一方で、高橋礼については「先発の中に入れるかどうかはちょっと分からない部分はある」と慎重な姿勢を崩さない。そして、開幕時は中継ぎに組み込む可能性も言及した。

 なぜ、工藤監督は高橋礼のローテ入りを思い止まるのか。それはやはり高橋礼が故障から復帰して、まだ間もないからだ。

 宮崎キャンプ中に左太もも裏を肉離れして離脱していた高橋礼。3月下旬に一度はブルペン投球を再開させたものの、新型コロナウイルスの影響で活動が休止に。自主練習が再開されてからも、“三密”を避けるためにトレーナーなどのケアを受けることはできず、なかなかトレーニングの強度も上げられなかった。

 怪我をして治療している間に、特に故障箇所の筋力は衰えてしまう。怪我が癒えても、本来の筋力には戻っていない。その中で急ピッチに開幕への準備を進めてきた。5月28日の紅白戦で実戦復帰を果たしたばかり。対外試合は2日のオリックス戦、そしてこの日の同戦と、まだ2試合しか登板していない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」