日ハム西川、平凡な二飛でタッチアップの神走塁 燕のスキを逃さず勝ち越し生還

日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】
日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】

中田の二飛→三走・西川がタッチアップ→勝ち越し生還

 日本ハムの西川遥輝外野手が10日、ヤクルトとの練習試合(神宮)で内野フライで三塁から生還する好走塁を見せた。

 同点の3回1死二、三塁。4番・中田の打球は二塁ベースと中堅の間付近へ高々と舞い上がった。二塁・山田が打球処理したものの、体勢が整わなかった。三塁走者・西川はそのスキを付き、本塁へ突入。山田の本塁送球がそれる間に勝ち越しのホームへ滑り込んだ。

 内野フライで勝ち越し点。ベンチの栗山監督は拍手をして、してやったりの表情を浮かべていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY