野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・柳田が驚愕ソロ! タイミング合わなくても左翼スタンドへズドン

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が驚愕の一発を放った。10日、本拠地PayPayドームでのオリックスとの練習試合。3回に迎えた第2打席でアルバースから左翼スタンドへと飛び込むソロ本塁打を放った。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】

アルバースのツーシームにやや泳いだような打ち方となったが、スタンドまで運ぶ

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が驚愕の一発を放った。10日、本拠地PayPayドームでのオリックスとの練習試合。3回に迎えた第2打席でアルバースから左翼スタンドへと飛び込むソロ本塁打を放った。

【オンラインイベント】「Full-Count Presents ソフトバンク担当記者と“延長戦” 今日の勝負のポイントを語ろう!」開催のお知らせ

 3回2死走者なしで打席に立った柳田。1ボール1ストライクからの3球目、オリックスの先発アルバースが投じた141キロのツーシームを捉えた。タイミングはやや合わず、若干、泳ぎ気味で捉えた打球。それでも、高々と舞い上がると、ホームランテラス席も飛び越えて、左翼スタンドへと届いた。

 タイミングが外されており、打った瞬間には左翼フライかと思うような当たりだったが、打球はスタンドまで届くソロ本塁打に。柳田のパワーが凝縮された驚きのアーチだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」