野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・工藤監督、3安打2本塁打の柳田を絶賛 「いつ開幕してもいいのかな」

ソフトバンクは10日、本拠地PayPayドームでオリックスと練習試合を戦い7-5で敗れた。敗れはしたものの、柳田悠岐外野手が3安打2本塁打4打点と爆発し、工藤公康監督は「いつでも開幕していいのかなと感じました」と順調な調整ぶりに目を細めていた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

先発して5回3失点だった石川の開幕ローテ入りは「可能性は高い」

 ソフトバンクは10日、本拠地PayPayドームでオリックスと練習試合を戦い7-5で敗れた。敗れはしたものの、柳田悠岐外野手が3安打2本塁打4打点と爆発し、工藤公康監督は「いつでも開幕していいのかなと感じました」と順調な調整ぶりに目を細めていた。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 柳田は3回2死走者なしで迎えた第2打席、オリックス先発のアルバースが投じたツーシームにややタイミングを外されながらも、左翼スタンドまで運んだ。7回にはヒギンスのチェンジアップを右翼ホームランテラス席へ。左へ右へとアーチをかけた主砲を指揮官は「逆方向のあれを見てもいつでもシーズンに入れるっていう感じはしました。泳ぎ加減でも飛距離が出るのは彼の素晴らしいところ。もう僕の目から見れば、いつでも開幕していいのかなと感じました」と手放しで称賛した。

 一方で、この日練習試合初安打を放った内川について「よかったですね。出ましたね1本。ホッとしましたよ。本人の中ではしっくり行ってないところはあるんじゃないかと思っている。1本出ることで変わるところもある」と安堵し、状態が上がってこないバレンティンについても「意識してないですよ。去年までセ・リーグでやって。まずはパ・リーグの投手も見て感じてくれることが大事。スマートな選手なので、自分の対応策も考えてくれると思っている」と心配していなかった。

 投手陣では先発の石川が5回を投げて7つの三振を奪ったものの、6安打2本塁打で3失点。開幕ローテを争っている右腕を指揮官は「内容は特別悪いとは思っていない。ちょっとまあボールが高かったりする部分があったので、そこをうまく修正して次に備えてくれればと思っている。(開幕ローテに)入る可能性は高いです。ただ他にも候補がいますので、投手コーチと話してどうするか、決めて話をしたいと思います」と評価していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」