巨人“育成の星”沼田翔平の原点とは? 中学恩師が語る心優しき涙のエピソード

巨人・沼田翔平【写真:荒川祐史】
巨人・沼田翔平【写真:荒川祐史】

旭川神居中時代の恩師・高田さんが語る沼田は「練習態度が素晴らしかった」

 5月31日に支配下選手登録された巨人の沼田翔平投手。旭川大高から2018年育成ドラフト3位で入団し、スピード出世を果たした19歳の原点はどこにあるのか。それを探るため、旭川神居中、旭川大高時代の恩師に話を聞いた。第1回は旭川神居中時代の高田勇作さん(現中富良野中)だ。

 沼田が野球を始めたのは、旭川神居中に入学してからと意外にも遅い。旭川神居小時代に野球をやろうとしたが、芝アレルギーのために断念したというエピソードが残っており、小学生の時はバレーボールの選手だった。

 旭川神居中2年時から2年間野球部監督として指導した高田さんは「運動神経が抜群でした」と振り返る。バレーボールで養った跳躍力とバネを生かし、体育の走り高跳びでは身長よりも高いバーもクリア。旭川市内の中学2年生を対象にした体力テストで1位になったこともあり、市内では名の知れた少年だった。

 練習中の1球1球に対しての真剣な姿が印象的だったと高田さんは語る。「フリー打撃では『うわっ、失敗した!』など、1球毎に悔しさや嬉しさを表していました。練習態度が素晴らしかった。今教えている生徒にも『1球1球を大事にしていたからああいう選手になれるんだ』という話をしています」。沼田と同じように中学校の部活動で軟式ボールを握る中学生にとって、プロで急成長を遂げる沼田は憧れの存在であり、希望の星になっている。

「友達や仲間思いで情に熱い男。周りの人に好かれるから伸びるのかな」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY