野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

地域の方々の感謝も背負い完全燃焼 小瀬高等学校(茨城)の「思い出の選手名鑑」

仲間と過ごした時間と流した汗と涙は一生の宝物。いつかまた、この写真と思いを見て、振り返り、前に進む活力になってほしい。Full-Countが今年で引退する高校3年生たちに企画「思い出の選手名鑑」を贈ります。第2回は茨城の常陸大宮市にある県立小瀬高等学校。

地域の人たちへの感謝を胸に大会に臨む茨城県立小瀬高等学校野球部【写真提供:茨城県立小瀬高等学校】
地域の人たちへの感謝を胸に大会に臨む茨城県立小瀬高等学校野球部【写真提供:茨城県立小瀬高等学校】

長岡迫主将も地域に感謝「無観客での大会となりますが(地元を)盛り上げていきたい」

 仲間と過ごした時間と流した汗と涙は一生の宝物。いつかまた、この写真と思いを見て、振り返り、前に進む活力になってほしい。Full-Countが今年で引退する高校3年生たちに企画「思い出の選手名鑑」を贈ります。第2回は茨城の常陸大宮市にある県立小瀬高等学校。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

◇氏名(よみ) 位置 投・打 身長(センチ) 体重(キロ)
アピールポイント(自薦他薦問わず) 3年間頑張ってきたこと

長岡 迫(ながおか はく) 内野 右・右 172 66 
気迫あふれるプレーと勝負強さ
小瀬高歴代最強のセカンド、二遊間になるための努力

安藤大翔(あんどう ひろと) 外野 右・右 165 67
瞬足、強打、強肩 茨城県No.1のセンターを目指して肉体を磨いた

青木柊斗(あおき しゅうと) 投手 右・右 179 59
多彩な変化球で打ち取る投球 一球入魂

近澤史也(ちかざわ ふみや) 投手 右・右 172 64
投げて、打って、走れる三刀流 投手と打者の両立

北高野源勝(きたごうや げんと)捕手 右・右 172 95
フルスイングと長打 ホームランを打つための猛練習

尾又智也(おまた ともや) 内野 右・右 172 67
華麗な守備と積極的な走塁 肉体改造、小瀬高歴代最強の二遊間

三木紘貴(みき ひろき)内野 右・右 166 62
男気、マンブリ すべてくらい付く、最後まで諦めない

片岡礼志(かたおか れいじ)内野 右・右 173 58
瞬時の状況判断 毎日全力プレー

葛西瑛心(かさい えいしん) 外野 右・右 174 68
真剣勝負と笑顔 常笑野球を貫く

國安 桃夏(くにやす ももか) マネージャー
目配り、気配り、おもいやり 選手のサポート

◇監督・後藤浩気

 小瀬高校は小規模校で全校生徒が112名しかいませんが、毎年、小瀬高校で野球をやりたいという生徒が入学してくれています。

 地域の方々からの熱い応援とサポートもあり、とても恵まれた環境を野球ができ、人数が少なくても大会で勝つことで自信をつけ、大きな成長を遂げています。同校には小瀬高校体育後援会というものがあり、野球部以外にも地元の皆様から移動用のバスの手配など支援と応援を受けて、活動しています。後援会の方に道やお店で会った際は「今年はどうだ?」などと声もかけていただいています。その方々への感謝も込めて、プレーしていきます。

 今年は部活動自粛を経験し、野球ができることへの感謝の気持ちと、野球を通して、学ぶことの大きさを実感しています。茨城県独自の県大会が開催されることが決定し、選手は大変喜んでいます。小瀬高野球部らしく野球を楽しみ、勝つために全力を尽くします。全国の高校球児の3年生がこれからもいろいろな形で野球に携わってほしいと願っています。

◇主将・長岡迫

 小瀬高校の野球のテーマは「粘りの野球」です。積極的にチャレンジし、粘り強くボールにくらいつく。どんな状況でも前を向き全力疾走する。失敗してもチームでカバーし諦めない。

 真剣勝負を楽しみ、最後の夏で最高のパフォーマンスを見せたいと思います。また、今年は無観客での大会となりますが、小瀬高校野球部の活躍で地域を盛り上げていきたいです。

○…夏の甲子園、日本高野連の地方大会の中止を受け、高校球児、マネージャー、そして指導者、保護者の皆様らに形に残るものをご提案したく、企画「思い出の選手名鑑 by Full-Count」として、3年生の部員の集合写真、プロフィール、メッセージなどを掲載していきます。「自分たちが記事になった」とこの2年半の活動に胸を張って、次のステップへ進んでいけるよう、応援していきます。皆の思い、記事にします。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」