野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武・森、打率5分の“超不振”脱するのろしの3安打 のしかかる正捕手、選手会長の重圧

西武・森、打率5分の“超不振”脱するのろしの3安打 のしかかる正捕手、選手会長の重圧

昨季パ・リーグMVPと首位打者に輝き躍進を遂げた西武・森友哉捕手が、不振脱出の狼煙を上げた。11日にメットライフドームで行われた楽天との練習試合で5打数3安打。8日後の公式戦開幕へ向けて、ようやく視界が開けてきた。

楽天との練習試合に出場した西武・森友哉【写真:宮脇広久】
楽天との練習試合に出場した西武・森友哉【写真:宮脇広久】

練習試合再開から前日まで6試合で20打数1安打、打率.050と極度のスランプに

 昨季パ・リーグMVPと首位打者に輝き躍進を遂げた西武・森友哉捕手が、不振脱出の狼煙を上げた。11日にメットライフドームで行われた楽天との練習試合で5打数3安打。8日後の公式戦開幕へ向けて、ようやく視界が開けてきた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「しっかりボールを引き付けて打てました。久しぶりに感覚も良かった」とうなずきつつ「ちょっと体が開いていたので、修正するために、右足を上げた時に少し内側に入れるようにしました」と説明した森。辻監督も「モヤモヤしていたと思うが、今日の3本でホッとしたのではないか」と目を細める。

 練習試合が再開された今月2日から前日10日まで、6試合に出場し20打数1安打、打率.050。昨季打率.329、23本塁打、105打点をマークした男とは思えないほどの不振ぶりだった。

 シーズンオフには下半身を中心に鍛え上げ、「今はあまり感じていませんが、スタミナがついたぶん、1度感覚をつかめば長いこと打てるんじゃないかと思います」と自信をうかがわせた一方で、3か月遅れの開幕を前に「こういった状況で開幕するのは初めてなので、やってみないとわからないというのが正直な気持ち」と不安も隠せない様子だ。チーム活動自粛期間中は、さぞストレスがたまっていたことだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」