野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

デスパ&グラ不在でも恐ろし過ぎ? 2番柳田&3番バレの大胆オーダーを推す根拠

12日の広島との練習試合でお披露目されたソフトバンク工藤公康監督の超積極的打線。2番に柳田悠岐外野手、3番にウラディミール・バレンティン外野手とチームの強打者2人を2、3番に並べる大胆なオーダーだった。

ソフトバンクのウラディミール・バレンティン、柳田悠岐、松田宣浩(左から)【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのウラディミール・バレンティン、柳田悠岐、松田宣浩(左から)【写真:藤浦一都】

2番柳田、3番バレンティンで挑んだ12日の広島戦はいきなり初回に2点先制

 12日の広島との練習試合でお披露目されたソフトバンク工藤公康監督の超積極的打線。2番に柳田悠岐外野手、3番にウラディミール・バレンティン外野手とチームの強打者2人を2、3番に並べる大胆なオーダーだった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

【12日の打順】
1(右)上林
2(中)柳田
3(指)バレンティン
4(左)長谷川
5(三)松田宣
6(一)栗原
7(捕)甲斐
8(二)牧原
9(遊)周東
投手 東浜

 この打線がいきなり機能する。先頭の上林は倒れたが、2番の柳田が右中間を破る二塁打で出塁。バレンティンが左前安打で繋ぐと、4番に入った長谷川、そして5番の松田宣が連続タイムリーを放った。相手は広島の開幕投手と務める大瀬良。その立ち上がりを打ち崩して2点を先制した。

 さらに3回には柳田が片手一本で左中間ホームランテラス席へと運ぶ驚愕のソロ本塁打。3試合連発、練習試合10試合で6本目となる本塁打でリードを広げた。柳田、バレンティンは休養のために2打席で交代。4回までの短い間ではあったが、その打線の破壊力を十分に感じさせるものだった。

 工藤監督は試合後、この積極オーダーを開幕戦でも採用する可能性について「なくはないと思います。実際にこれで点が取れているわけなので、それも選択肢の1つかなと思います」と含みを持たせた。果たして、この打線を指揮官は今後も採用するのか。一個人としては、是が非にでもこのオーダーをシーズン中も採用してもらいたい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」