野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・工藤監督、2番柳田&3番バレ「開幕もなくはない」 超積極打線がいきなり機能

ソフトバンクは12日、本拠地PayPayドームで広島と練習試合を行い、3-0で快勝した。2番柳田、3番バレンティンの大胆打線で幸先良く点を奪い、工藤公康監督も「開幕でもなくはないと思う。これも選択肢の1つかなと思います」と今後も選択肢として加える考えを示した。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

初回に2番の柳田から4連打で2点を先制「これも選択肢の1つ」

 ソフトバンクは12日、本拠地PayPayドームで広島と練習試合を行い、3-0で快勝した。2番柳田、3番バレンティンの大胆打線で幸先良く点を奪い、工藤公康監督も「開幕でもなくはないと思う。これも選択肢の1つかなと思います」と今後も選択肢として加える考えを示した。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 先日から工藤監督が「ちょっとやりたいと思っている」と語っていた超積極的打線。その考えの一端がこの「2番柳田」だったよう。「思い切って打撃コーチの皆さんにも打順を考えてみてくださいと言ったら、こうきた。1回から点が取れたので、これも1つの僕の中で方法と思う」。このオーダーがいきなり機能する。

 1死から2番の柳田が右中間への二塁打で出塁。続くバレンティンが左前安打で繋ぐと、4番長谷川、5番松田宣が連続タイムリーを放った。広島の開幕投手に決まっている大瀬良からいきなり2点を先制した。3回には柳田が特大弾を放って1点を追加。新オーダーで3点を奪った。

 工藤監督は「初回の攻撃というのは投手の立ち上がりでまだ安定していないときにしっかり打って崩すというのが大事だと思っている。調子の良いバッターを初回にしっかり打席に立てるようにするのも1つの方法だと思います。打撃コーチの皆さんも調子の良い打者をある程度前に並べてという打順だと思う。すごくよかったと思う」と納得の表情。

 開幕戦での採用の可能性についても「なくはないと思います。実際にこれで点が取れているわけなので、それも選択肢の1つかなと思います。いやーポッとやって、ポッと結果が出るとは思っていなかったので良かったなと思いました」とニヤリ。2番柳田、3番バレンティンの新オーダー、意外とハマるかもしれない。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」