レッズ秋山と“二刀流”マッチョ男が合同トレ 異例の2ショットにファン「バッチリだね」

レッズ・秋山翔吾とマイケル・ローレンゼン(左から)【写真:Getty Images】
レッズ・秋山翔吾とマイケル・ローレンゼン(左から)【写真:Getty Images】

メジャー5年で7本塁打、2018年には打率.290を残した“二刀流”投手のローレンゼン

 秋山翔吾外野手と同僚の“二刀流”マッチョマンとの合同自主トレが話題となっている。レッズのマイケル・ローレンゼン投手が自身のインスタグラムに「ショウゴ・タイム! ショウゴ・アキヤマと外野守備のトレーニング」とコメント付きで動画を投稿。動画内でローレンゼンからスペシャルゲストとして紹介された秋山は「ハワイユー! アイムショウゴ!」とあいさつ、低い位置へのトスを全力疾走で処理する守備練習の映像が収められている。

 ローレンゼンは大学時代には外野手を兼任。メジャーでも5年間で7本塁打、2018年には打率.290、4本塁打、OPS1.043を記録し代打満塁本塁打まで放っている“二刀流”投手だ。それだけに外野手の秋山とも気が合うのか、異例の投手野手合同自主トレとなった。

 この動画に、ファンからも「君たちは(調整が)バッチリだね」、「ショウゴとローレンゼンが元気そうで嬉しいよ」、「史上最もマッチョな投手」とコメントが寄せられている。MLB移籍1年目が開幕延期という不測の事態となった秋山だが、すっかりチームにも打ち解けているようだ。

【動画】同僚の“二刀流”投手が公開した秋山との自主トレ映像、地味に見えてなかなかキツそうなトレーニングだ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY