野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・和田、開幕前最後の登板で課題残す 5回途中まで5安打4四死球で5失点

ソフトバンクの和田毅投手が13日、本拠地PayPayドームでの広島との練習試合に先発し、5回途中5失点と開幕に課題を残した。5回に広島打線につかまり、一挙に4点を失った。

ソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】

5回に広島打線につかまり一挙に4点を失う

 ソフトバンクの和田毅投手が13日、本拠地PayPayドームでの広島との練習試合に先発し、5回途中5失点と開幕に課題を残した。5回に広島打線につかまり、一挙に4点を失った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 初回はわずか10球で3者凡退に仕留めた和田。打者一巡は無安打に封じていたものの、3回2死からピレラに左翼スタンド中段まで運ばれるソロを浴びた。4回には四球などで1死一、三塁のピンチを招いたが、“甲斐キャノン”によるサポートもあり得点は与えなかった。

 だが、5回につかまった。1死から代打・高橋大に四球を与ると、ピレラ、菊池、西川に3連打を許して2点を失う。さらに鈴木に犠飛を許したところで球数が91球となり降板。2番手の津森がメヒアに適時打を浴び、和田の失点は5になった。和田は4回2/3を投げて、5安打4四死球5失点と1週間後の開幕に向けて課題を残す結果となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」