野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島、ピレラ&メヒアが2安打アピール! 鷹は上林が2打席連続適時打で開幕スタメンへ

ソフトバンクと広島は13日、PayPayドームで練習試合を戦い、5-4で広島が勝利した。広島は5回に5安打を集中して一気に4点を奪って逆転。新助っ人のピレラが特大弾を含む2安打、メヒアも2安打と外国人2人が結果を残した。

広島のホセ・ピレラ(左)とアレハンドロ・メヒア【写真:荒川祐史】
広島のホセ・ピレラ(左)とアレハンドロ・メヒア【写真:荒川祐史】

1番で出場したピレラは3回に左翼スタンド中段へのソロ本塁打を放つ

 ソフトバンクと広島は13日、PayPayドームで練習試合を戦い、5-4で広島が勝利した。広島は5回に5安打を集中して一気に4点を奪って逆転。新助っ人のピレラが特大弾を含む2安打、メヒアも2安打と外国人2人が結果を残した。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 2点を先行された広島は3回にピレラがソフトバンク先発の和田から左翼スタンド中段に突き刺すソロ。リードを3点に広げられた5回にはピレラ、菊池涼、西川の3連打、鈴木の犠飛、メヒアの適時打などで4点を上げて逆転した。

 先発の床田は2回、4回と上林に2打席連続で適時打を浴びるなど4回を投げて5安打4失点と課題の残る内容に。ただ、5回からは今村、中崎、菊池保、フランスア、スコットと無失点リレーで繋いで1点のリードを守った。

 ソフトバンクは先発の和田は5回途中まで投げて5安打4四球5失点とこちらも開幕に向けて課題を残す投球に。打線では上林が2回、4回と2打席連続で適時打。長谷川や松田宣にも快音が出て、開幕に向けた収穫もある試合となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」