まるで瞬間移動? 突如出現する鷹・栗原にファン驚愕「マロンチャージえぐ」

三塁へ送球するソフトバンク・栗原陵矢(左)【画像:パーソル パ・リーグTV】
三塁へ送球するソフトバンク・栗原陵矢(左)【画像:パーソル パ・リーグTV】

無死一、二塁でのバントに猛チャージで三塁補殺、相手の反撃を阻止した

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手が14日、本拠地PayPayドームで行われた広島との練習試合に「2番・一塁」で先発出場。2回の守備で送りバントを阻止する猛チャージを見せた。

 3点リードの2回、無死一、二塁の場面。広島の9番森下が送りバントをするも、すぐ目の前には一塁手・栗原の姿が。一瞬で三塁へ送球し二塁走者を補殺、相手の反撃の芽を摘んだ。

「パーソル パ・リーグTV」ではまるで瞬間移動でもしたかのようなこのプレーを多角度からの映像で解明。ファンからは「さすが本職キャッチャー。取ってから投げるまでがはええ」、「マロンチャージえぐwww」、「クリリンええな~開幕期待しとるで~」、「これ、もしバスターしてきて栗原のとこ飛んできたらくそ危ないな笑」と驚きの声が上がった。

【動画】まるで瞬間移動でもしたかのような栗原の猛チャージに、打者森下もビックリ!?

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY