野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ビル壁面の滑り台、地上60mのコースター… 鷹の新ビルに出来た「絶景3兄弟」とは?

7月21日に開業を迎えることが12日に発表されたソフトバンクの新エンターテインメントビル「BOSS E・ZO FUKUOKA」。本拠地PayPayドームの隣接地に建設され、飲食店や多彩なエンターテインメント施設が入る、地上7階建ての大規模複合施設となる。

PayPayドームを見ながら滑り降りるレールコースター「つりZO(つりぞー)」【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
PayPayドームを見ながら滑り降りるレールコースター「つりZO(つりぞー)」【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

建造物付随型のチューブ型スライダーとしては日本初となる「すべZO」

 7月21日に開業を迎えることが12日に発表されたソフトバンクの新エンターテインメントビル「BOSS E・ZO FUKUOKA」。本拠地PayPayドームの隣接地に建設され、飲食店や多彩なエンターテインメント施設が入る、地上7階建ての大規模複合施設となる。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、開業が遅れていたが、ようやく7月21日のグランドオープンが決定。そこで「Full-Count」ではこの新施設をフロア毎に分けて詳細をお伝えする。第2回は屋上にできた3種類のアトラクション「絶景3兄弟」だ。

 この「BOSS E・ZO FUKUOKA」でも目玉の1つとなるのが、この「絶景3兄弟」。ネーミングについてはさておき、ビル壁面を滑り降りるスライダー「すべZO」、ぶら下がり式レールコースター「つりZO」、クライミング&ボルダリング施設「のぼZO」からなる3種類のアトラクションは子供も大人も楽しめる、エンターテインメントとスリルが共存したアトラクションとなっている。

「すべZO」は地上40メートルの高さからビル壁面に沿って一気に滑り降りる全長100メートルのチューブ型スライダー。建造物に付随したチューブ型スライダーとしては日本初となっている。円筒形のスライダーの上半分は透明となっており、目の前にソフトバンクの本拠地PayPayドームを見ながら滑り降りる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」