野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武新助っ人が打率5割、鷹の“超人”柳田6発…練習試合で結果を残したパ打者は?

6月19日に開幕を迎えるプロ野球。新型コロナウイルスの感染拡大により3か月遅れで迎える開幕に向けて、12球団は6月2日から練習試合を行って調整を進めてきた。その練習試合も16日に予定されている巨人対ロッテ戦を残して終了。残る10球団は14日の試合で最後の実戦機会を終えた。

西武のコーリー・スパンジェンバーグ(左)とソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史、藤浦一都】
西武のコーリー・スパンジェンバーグ(左)とソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史、藤浦一都】

打点のトップは西武の山川で14打点をマーク

 6月19日に開幕を迎えるプロ野球。新型コロナウイルスの感染拡大により3か月遅れで迎える開幕に向けて、12球団は6月2日から練習試合を行って調整を進めてきた。その練習試合も16日に予定されている巨人対ロッテ戦を残して終了。残る10球団は14日の試合で最後の実戦機会を終えた。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 まだ、巨人とロッテが1試合ずつを残す状況ではあるものの、各球団の選手たちはどういった成績を残してきたのだろうか。ここは選手個人の打撃成績を振り返り、打撃主要3部門で好成績を残して順調な調整ぶり、アピールに成功した選手を見ていこう。まずはパ・リーグだ。

【打率】(※20打数以上の選手)
1 スパンジェンバーグ(西武).500
2 近藤健介(日本ハム).462
3 内田靖人(楽天).450
4 島内宏明(楽天).440
5 木村文紀(西武).414
6 渡邉諒(日本ハム).407
7 源田壮亮(西武).394
8 福田秀平(ロッテ).387
9 柳田悠岐(ソフトバンク).382
10 角中勝也(ロッテ).375

 トップの打率をマークしたのは西武の新助っ人スパンジェンバーグ。練習試合再開から打ちまくり、3試合連続本塁打4本塁打と結果を残した。本塁打はその後は出なかったものの、コンスタントに安打を放ち、10試合で無安打は1試合だけ、マルチ安打は7試合を数えた。当初は8番での起用だったものの、あまりの好成績に、1番の有力候補となった。

 スパンジェンバーグに続くのは日本ハムの近藤で26打数12安打、打率は.462をマークした。4割に最も近いとも評される近藤のバットコントロールは今年も健在でシーズンでも大いに期待できそうだ。3位に入ってくるのは楽天期待の大砲候補である内田。打数は20打数と少ないが、打率.450をマークし、今季への期待が膨らむ。

 4位以下は楽天の島内、西武の木村、日本ハムの渡邉が打率4割台。7位以下の西武の源田、ロッテの福田秀、ソフトバンクの柳田、ロッテの角中までが.370を超えるハイアベレージを残していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」