野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・工藤監督、開幕2軍が決まった内川の復調期待 「必要な選手、1日も早く良い状態に」

ソフトバンクは16日、PayPayドームで全体練習を実施。午前中にシートノックや投内連係、ランチタイムを挟んで打撃練習やシート打撃など、開幕に向けて実戦を想定した練習が多く取り入れられた。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

シート打撃では2軍から大竹、杉山が登板「期待している投手ですよ」

 ソフトバンクは16日、PayPayドームで全体練習を実施。午前中にシートノックや投内連係、ランチタイムを挟んで打撃練習やシート打撃など、開幕に向けて実戦を想定した練習が多く取り入れられた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 工藤公康監督は、練習前に「開幕スタートダッシュできるように。無観客だけどたくさんのファンがテレビを通して応援してくれる。ファンがいるつもりで、それ以上の気迫と気持ちを持ってプレーしていこう」と選手たちに声をかけた。

 この日は2カード目の西武戦を想定した暑さ対策としてPayPayドームの屋根を開けて練習。直射日光が当たる外野は別として、内野側はむしろ涼しいという誤算もあったが、シート打撃前に屋根を閉じると蒸し暑さが出て、工藤監督も「その中でシート打撃ができたのは良かった」とした。

 そのシート打撃では、走者がいるケースを想定して送りバントやバスターエンドラン、スクイズなど、様々なサインが出された。指揮官は「(シーズンでも)サインは絶対に出しますので『こういうところで俺にはこういうサインが出るんだな』と思ってくれれば、打席に出ていく前にサインがあるなと頭の中でイメージできる。開幕まで時間がないので、選手に理解をしてもらってゲームの中で使っていきたい」と説明。

 シート打撃には2軍から大竹耕太郎と杉山一樹の2投手が登板。工藤監督は「大竹君はチェンジアップやツーシームなど、ボール1つ1つは良かったですよ。欲を言えば昨年の140キロを超えるような球速があれば、あの大きなカーブも生きると思います。杉山君はストレートに力がある投手。変化球がストライク入らないと狙い打ちされてしまうので、変化球でストライクを取る練習をしてくれたら。ボール1個1個は素晴らしいので先が楽しみです」とし「期待している投手ですよ」と今後の成長に期待を寄せた。

 また、2軍スタートになった内川聖一内野手に関しては「残念だし、苦しい」としたうえで「悩んでいるのはわかっていたが、僕が投手出身なので技術的なことが言えなかった。今悩んでいるのであれば、今時間をあげて自分を取り戻すことが大事。必ず必要な選手なので、1日も早くいい状態にしてほしい」と、早期の1軍復帰を期待していた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」