通算134勝のCY賞左腕が81歳で死去 球団追悼「永遠のジャイアンツの一員」

1967年にサイ・ヤング賞に輝いたマイク・マコーミック氏【写真:Getty Images】
1967年にサイ・ヤング賞に輝いたマイク・マコーミック氏【写真:Getty Images】

マコーミック氏は67年にサイ・ヤング賞、カムバック賞を受賞、パーキンソン病と闘っていた

 1967年にサイ・ヤング賞に輝き、ジャイアンツなどで活躍したマイク・マコーミック氏が81歳で死去したことが分かった。ジャイアンツ公式サイトが報じている。

 パーキンソン病と闘っていたマコーミック氏は現地時間13日に米・ノースカロライナ州コーネリアスの自宅で亡くなったという。

 ジャイアンツ、オリオールズ、ヤンキースなどで活躍した左腕は1956年にメジャーデビュー。16年間のキャリアで通算134勝128敗という成績を残し、60年に最優秀防御率、67年に22勝を挙げて最多勝と活躍。サイ・ヤング賞、カムバック賞を受賞した。60、61年にオールスター戦(計4度)に選出されている。

 ジャイアンツの殿堂入り選手としても愛されていた左腕の死に、ジャイアンツのラリー・ベールCEOは「我々も真の紳士で、永遠のジャイアンツの一員であるマイク・マコーミックの死に哀悼の意を表明します」と声明を発表した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY