野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

開幕大丈夫? 苦しい阪神トリオ&巨人パーラら…助っ人を練習試合成績で診断【セ編】

プロ野球は6月19日、いよいよ2020年シーズンが開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期になり、3か月遅れで迎えるシーズン。ファンにとって待ち望んでいた時がついにやってくる。

DeNAのタイラー・オースティン、阪神のジャスティン・ボーア、巨人のヘラルド・パーラ(左から)【写真:荒川祐史】
DeNAのタイラー・オースティン、阪神のジャスティン・ボーア、巨人のヘラルド・パーラ(左から)【写真:荒川祐史】

DeNAのオースティン、ソト、ロペスの3人は期待膨らむ結果に

 プロ野球は6月19日、いよいよ2020年シーズンが開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期になり、3か月遅れで迎えるシーズン。ファンにとって待ち望んでいた時がついにやってくる。

【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開

 12球団の浮沈の鍵を握るのが助っ人選手たち。今季は外国人枠の拡充も決まり、より一層、助っ人の働きは重要になりそうだ。では、その外国人たちは2日から行われていた練習試合でどのような成績を残したのか。練習試合期間で調子を上げてきたのか、それとも下降していったのか。練習試合期間の成績を見ていこう。

 今回はセ・リーグだ。

【巨人】
パーラ
32打数6安打0本塁打2打点 .188
1週目:11打数2安打0本塁打0打点 .182
2週目:21打数4安打0本塁打2打点 .190

 昨季ナショナルズで世界一となったパーラだが、練習試合では不本意な成績に終わった。1週目は打率.182、開幕が近づいてきた2週目も打撃成績は上向いてこなかった。練習試合を通じて打率.188で本塁打もなし。シーズンに入って、豹変する姿を見られることを期待したい。

【DeNA】
オースティン
26打数10安打3本塁打7打点 .385
1週目:14打数7安打2本塁打4打点 .500
2週目:12打数3安打1本塁打3打点 .250

ソト
35打数9安打3本塁打7打点 .257
1週目:16打数3安打2本塁打5打点 .188
2週目:19打数6安打1本塁打2打点 .316

ロペス
39打数11安打3本塁打9打点 .282
1週目:19打数6安打1本塁打4打点 .315
2週目:20打数5安打2本塁打5打点 .250

 3人の助っ人野手が並ぶDeNA。練習試合ではその3人ともが、それなりに結果を残し、シーズンでの期待が膨らむこととなった。新助っ人のオースティンは打率.385をマーク。ただ後半にややペースが落ちたことが気がかりか。逆にソトは開幕が近づくにつれて状態を上向かせた印象で2週目は打率.316とした。経験豊かなロペスもまずまず。3人ともが3本ずつ本塁打を打っているところも見逃せない。

【阪神】
サンズ
23打数4安打1本塁打1打点 .174
1週目:14打数3安打1本塁打1打点 .214
2週目:9打数1安打0本塁打0打点 .111

ボーア
30打数6安打3本塁打6打点 .200
1週目:14打数4安打3本塁打6打点 .285
2週目:16打数2安打0本塁打0打点 .125

マルテ
28打数6安打0本塁打2打点 .214
1週目:13打数3安打0本塁打0打点 .230
2週目:15打数3安打0本塁打2打点 .200

 DeNAと同様に3人の助っ人野手を並べていた阪神だが、こちらは苦戦気味か。新助っ人のボーアは練習試合再開からいきなり3試合連続で本塁打を放って脚光を浴びたが、その後は低迷。2週目は打率.125と苦しみ、対左投手に対しての課題も露呈した。同じく新加入のサンズも低迷。こちらは打率.174に沈み、2軍降格となった。2年目のマルテも打率.214。リーグ優勝には打線の奮起が欠かせない阪神。助っ人たちの変貌に期待したい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」