野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武新助っ人大活躍、オリAJ&鷹バレ大丈夫? 助っ人の現状を診断【パ編】

プロ野球は6月19日、いよいよ2020年シーズンが開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期になり、3か月遅れで迎えるシーズン。ファンにとって待ち望んでいた時がついにやってくる。

西武のコーリー・スパンジェンバーグ、オリックスのアダム・ジョーンズ、ソフトバンクのウラディミール・バレンティン(左から)【写真:荒川祐史、藤浦一都】
西武のコーリー・スパンジェンバーグ、オリックスのアダム・ジョーンズ、ソフトバンクのウラディミール・バレンティン(左から)【写真:荒川祐史、藤浦一都】

西武の新助っ人スパンジェンバーグは打率.500、4本塁打と大活躍

 プロ野球は6月19日、いよいよ2020年シーズンが開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期になり、3か月遅れで迎えるシーズン。ファンにとって待ち望んでいた時がついにやってくる。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 12球団の浮沈の鍵を握るのが助っ人選手たち。今季は外国人枠の拡充も決まり、より一層、助っ人の働きは重要になりそうだ。では、その外国人たちは2日から行われていた練習試合でどのような成績を残したのか。練習試合期間で調子を上げてきたのか、それとも下降していったのか。練習試合期間の成績を見ていこう。

 今回はパ・リーグだ。

【西武】
スパンジェンバーグ
34打数17安打4本塁打7打点 .500
1週目:11打数7安打4本塁打7打点 .636
2週目:23打数9安打0本塁打0打点 .391

 西武のスパンジェンバーグは12球団の助っ人の中でも最もその活躍が目立った選手だ。再開後1週間で打率.636、4本塁打7打点と打ちまくった。2週目に入りすこしペースは落ちたものの、それでも打率.391のハイアベレージをマーク。練習試合期間で12球団トップタイとなる打率5割を残した。

【ソフトバンク】
バレンティン
37打数6安打1本塁打3打点 .162
1週目:18打数2安打0本塁打1打点 .111
2周目:19打数4安打1本塁打2打点 .210

 今季ヤクルトからソフトバンクに移籍したバレンティン。来日して10年目、今季からは外国人枠から外れて日本人扱いとなる。練習試合では低調で1週目は.111と苦戦。2週目に入って初の本塁打が出るなど、徐々に状態を上げてきていた。残る数日の調整期間でどれだけ状態を上向かせることができるだろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」