野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • ヤンキースは田中将大を「残留させるべき」 NYメディアが断言、理想は3~4年契約?

ヤンキースは田中将大を「残留させるべき」 NYメディアが断言、理想は3~4年契約?

新型コロナウイルスの感染拡大、そして、その後のMLB機構と選手会の開幕案交渉が難航し、いまだに開幕が正式に決まらない米メジャーリーグ。日本人選手にとっても難しい時間となっている。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

NYメディア「SNY」が「残すべき理由」「手放すべき理由」双方で検証

 新型コロナウイルスの感染拡大、そして、その後のMLB機構と選手会の開幕案交渉が難航し、いまだに開幕が正式に決まらない米メジャーリーグ。日本人選手にとっても難しい時間となっている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 そんな状況の中でヤンキース戦を中継するニューヨークのテレビ局「SNY」では、7年総額1億5500万ドル(約166億3000万円)の長期契約が今季で切れるヤンキースの田中将大投手の去就を予想。「ヤンキースは間違いなくタナカを残留させるべき」と、契約延長を勧めている。

「SNY」では「タナカを残すべき理由」「タナカを手放すべき理由」として両方の視点から右腕の去就を分析。残すべき理由として「安定感。それがタナカがヤンキースの投手陣にもたらすもの」とし、2014年のヤンキース加入からこれまでに積み上げてきた実績を振り返っている。

 記事では「彼が2014年に加入してから、5日毎に登板する時にどのような結果が期待できるのかをニューヨークは見てきた。もちろん、苦戦する時や結果が残せない登板もあった。しかし、主にタナカはヤンキースが信頼できる投手であった」として入団以来、6年連続で2桁勝利を挙げてきたその実績を評価した。さらに「タナカが本当に輝くのはポストシーズンであり、それが残留させる主な要因となる」として、ポストシーズンでの強さも残留の大きな要因になるとした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」