野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックスに恩恵、ホークスは悩ましい? 増える外国人5枠をどう使う【パ編】

6月19日の開幕に向けて、臨時実行員会を開いて今季の特例ルールを決めたNPB。その大きなポイントとなるのが出場選手登録を31人に、ベンチ入り人数を26人に拡大、そして外国人枠を4人から5人へと拡大するところになるだろう。

ソフトバンクのムーア、オリックスのジョーンズ、楽天のシャギワ(左から)【写真:藤浦一都、荒川祐史】
ソフトバンクのムーア、オリックスのジョーンズ、楽天のシャギワ(左から)【写真:藤浦一都、荒川祐史】

デスパイネ、グラシアルが再来日できていないソフトバンクだが、投手3枠しか使えない?

 6月19日の開幕に向けて、臨時実行員会を開いて今季の特例ルールを決めたNPB。その大きなポイントとなるのが出場選手登録を31人に、ベンチ入り人数を26人に拡大、そして外国人枠を4人から5人へと拡大するところになるだろう。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 外国人枠については出場選手登録は5人になるが、試合に出場できるベンチ入りは従来通り4人以内となる。ただ、登録を「野手4、投手1」「投手4、野手1」で登録した場合、その後の比率変更はできない。1人だったものを2人に増やす場合は従来の4人制にしなければならない、とされた。

 5人が登録できても、一度にベンチ入りできるのは4人となるこの新たな特例。一度に4人の野手を起用できるわけではなく、有効な策として考えられるのは、先発投手を1人ないし2人入れておくことか。その先発投手が投げるときに、別の外国人を休ませるだけで済み、投手起用に幅が生まれることになる。

 では、この特例で各球団にとって、どう影響が出るだろうか。12球団の外国人枠事情と、登録枠の活用方法を占ってみたい。今回はパ・リーグだ。◎は出場選手登録確実な選手。

【西武】(外国人5人)
投手:◎ギャレット、ノリン、◎ニール
野手:◎スパンジェンバーグ、メヒア

 外国人は投手3人、野手2人の西武。開幕投手のニール、中継ぎのギャレット、そして練習試合で打ちまくったスパンジェンバーグの3人が開幕1軍に入ることは決まっているものの、ノリン、メヒアは入らない見込み。全員が1軍にいるのであれば「投手3、野手2」になるが、現状ではこの5人枠への拡大による恩恵はなさそうだ。

【ソフトバンク】(外国人7人)
投手:スチュワート、◎モイネロ、◎ムーア、◎バンデンハーク、サファテ
野手:グラシアル、デスパイネ(バレンティンは日本人扱い)

 外国人7人を抱えるソフトバンクにとって悩ましい問題になりそうだ。投手5人、野手2人を抱えるが、渡航制限により、デスパイネ、グラシアルの2人はキューバから出国できず。再来日の見通しも経っていない。投手を厚めにしたいところだが、一度、4人の投手を登録してしまうと、2人が来日した際には、4人制にしないと登録できなくなる。それを考えると、投手3人の登録に止めておくことになるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」