広島森下、ロッテ佐藤らルーキー18人が開幕1軍 最多は西武の3人、巨人は唯一の0人

広島・森下暢仁(左)とロッテ・佐藤都志也【写真:荒川祐史】
広島・森下暢仁(左)とロッテ・佐藤都志也【写真:荒川祐史】

阪神はドラフト6位の小川一平投手が開幕1軍を掴む

 日本野球機構(NPB)は18日、6月19日の2020年シーズン開幕に向け、12球団の出場選手登録選手を公示した。新型コロナウイルスの感染拡大により3か月遅れで開幕となる今季。120試合消化に向けた過密日程に対する特例措置として出場可能な出場選手登録が31人に、外国人登録も5人に拡大された。

 異例の形で開幕を迎える選手たち。その中でも、通常でさえ、右も左も分からずに調整の難しいルーキーたちは、3月の開幕延期決定からより一層難しい時間を過ごしてきたはず。そんな苦しい時期を乗り越えて、開幕1軍の切符を手にしたのは12球団で計18人の新人たちだった。※()はローテ有力投手。

【セ・リーグ】7人
巨人(0人)
なし

DeNA(2人)
3位 伊勢大夢投手
6位 蛯名達夫外野手
(2位 坂本裕哉投手)

阪神(1人)
6位 小川一平投手

広島(1人)
1位 森下暢仁投手

中日(2人)
2位 橋本侑樹投手
4位 郡司裕也捕手
(3位 岡野祐一郎投手)

ヤクルト(1人)
4位 大西広樹投手

 セ・リーグで開幕1軍の切符を掴んだのは7人。この他にDeNAのドラフト2位・坂本裕哉、中日のドラフト3位・岡野祐一郎投手は開幕ローテ入りが有力視されている。18日時点では登録されていないものの、それぞれの登板日に出場選手登録される見込みだ。巨人は12球団で唯一、新人の開幕1軍入りは0人だった。

西武は12球団最多の3人のルーキーが開幕1軍に

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY