野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 先発“定員オーバー”の鷹、古巣命運はルーキー次第? 燕伝説左腕の今季展望

先発“定員オーバー”の鷹、古巣命運はルーキー次第? 燕伝説左腕の今季展望

セ・パ両リーグは当初の予定より約3か月遅れて19日に開幕、例年より23試合減の120試合で争われる。異例のシーズン展開を、元ヤクルト投手でコーチ、スコアラーも務めた野球評論家・安田猛氏が大予想。さらに、思い入れたっぷりの“イチオシ選手”を挙げてもらった。

ヤクルト・奥川恭伸【写真:荒川祐史】
ヤクルト・奥川恭伸【写真:荒川祐史】

パ・リーグのイチオシはオリックスのプロ3年目左腕、起用法がカギに

 セ・パ両リーグは当初の予定より約3か月遅れて19日に開幕、例年より23試合減の120試合で争われる。異例のシーズン展開を、元ヤクルト投手でコーチ、スコアラーも務めた野球評論家・安田猛氏が大予想。さらに、思い入れたっぷりの“イチオシ選手”を挙げてもらった。

 ソフトバンクの先発投手陣の充実ぶりは群を抜いています。右前腕部を痛めていた千賀が多少出遅れても、東浜、和田、バンデンハーク、メジャー通算54勝の新助っ人ムーア、高橋礼、二保、松本ら、先発ローテを担える投手は“定員”の6人を優に超える。この層の厚さが過密日程となる今季、圧倒的有利に働くでしょう。

 一方、レギュラーシーズン2連覇中の西武。打線は相変わらず強力ですが、先発投手陣のコマが足りない。来日1年目の昨季12勝1敗と大活躍したニールも、相手に研究される今季は同じような成績を求めるのは酷でしょう。練習試合で自己最速の155キロを計測した今井、アンダースローの與座ら、のびしろのある若手はいますが、彼らがよほど結果を残さないと苦しいと思います。

 オリックスに私のイチオシ選手がいます。私がJR東日本の外部コーチ時代に指導したプロ3年目左腕、田嶋大樹投手です。打者から見ると手元で加速するような、見たこともないような球質のすごいストレートを投げます。彼が佐野日大高からJRに入ってきた時、私は思わず「君はなぜ、ここにいるんだ?」と問いかけました。高校から直接プロに行ってもおかしくない、いや、プロに行っていなければおかしい球を投げていたからです。

 ただ、当時からケガが多く、特に肘を痛めることが多くて、成長させることができなかった後悔があります。ドラフト1位でオリックス入り後も故障がちなところは変わらず、1年目は6勝、2年目の昨季は3勝でしたが、断じてそんな勝ち星にとどまるような投手ではありません。彼の場合は、中10日とか、5イニング限定とか、負担を軽くして先発させたらどうかと思います。そうすれば安定して勝ち星を稼ぐでしょうし、山岡、山本も擁するオリックスの上位進出の可能性が高まると思うのですが。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」