練習相手はいつも母… つくば秀英・若井主将が語る、親への感謝と集大成の夏

つくば秀英・若井太陽主将【写真:荒川祐史】
つくば秀英・若井太陽主将【写真:荒川祐史】

昨秋専用グラウンドが完成、甲子園未出場ながらこれまでにプロ7人を輩出

 第102回全国高校野球選手権大会の中止が決まり、約1か月。代替大会、引退試合、上の舞台、将来の夢……。球児たちも気持ちを切り替え、新たな目標に向かってそれぞれのスタートを切っている。新型コロナウイルスは彼らから何を奪い、何を与えたのか。Full-Countでは連載企画「#このままじゃ終われない」で球児一人ひとりの今を伝えていく。

 甲子園未出場ながら現阪神の大山悠輔、現広島の長井良太らこれまで7人のプロ野球選手を輩出してきた茨城県・つくば秀英高校。昨秋念願の専用グラウンドが完成、近年は県大会でも上位に進出するなど躍進中だ。茨城県では代替大会の開催が決まっており、7月11日から始まるトーナメントへ向け、日々練習を続けている。

 同校野球部の3年生は20人。大学で野球を続けるものも入れば、就職のため専門学校へ進むものもいる。異なるメンバーを束ねるのは、若井太陽主将。自分に合った練習環境と甲子園出場を狙えるという理由で、東京の親元を離れ寮生活を選択した。

「2年間甲子園という目標を掲げてやってきた。その2年間が無駄になるんじゃないかという不安のなか、代替大会という形でプレーができることには感謝しかないです」

幼いころから練習を手伝ってくれた母が漏らした、野球への思い

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY