巨人、阪神との開幕カードで史上初の3連勝! 岡本逆転2ラン&サンチェス来日初勝利

巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】
巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】

巨人パーラ2戦連発、阪神6番降格のボーアは満塁機で凡退

■巨人 7-1 阪神(21日・東京ドーム)

 巨人は21日、阪神戦(東京ドーム)で7-1で逆転勝ちし、開幕3連勝を飾った。阪神相手の開幕カード3連勝は史上初だ。

 1点を追う4回、4番・岡本の右中間1号2ランで逆転。パーラが中前適時打で続き、湯浅の代打・北村も左前適時打と原監督の采配もハマった。5回にはパーラの2試合連発となる右越え2号2ランで加点。先発のサンチェスは初回、近本に先頭打者弾を浴びたものの、6回途中4安打1失点と好投。来日初登板初勝利を挙げた。

 阪神はマルテを4番に置いたが、得点は初回の近本の先頭打者弾のみ。4番から6番に降格となった新外国人ボーアは6回2死満塁で二ゴロに倒れるなど4打数無安打。開幕から3戦12打席連続無安打となった。

【動画】阪神ガルシアも呆然…巨人岡本の今季1号は開幕3連勝へ導く逆転2ラン

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY