鷹・二保が今季初の危険球退場 ロッテ中村奨の頭部に死球、ドラ3津森が緊急登板でプロ初登板

危険球で退場となったソフトバンク・二保旭【写真:藤浦一都】
危険球で退場となったソフトバンク・二保旭【写真:藤浦一都】

2回無死一、二塁ですっぽ抜けた真っ直ぐが中村奨の頭部に直撃

■ソフトバンク – ロッテ(21日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの二保旭投手が危険球で退場となった。21日のロッテ戦で先発したものの、2回に中村奨吾内野手に頭部死球を与えて退場処分を言い渡された。

 2回だった。先頭のレアードに左前安打、続くマーティンに右前安打を許して無死一、二塁のピンチを迎えた。打席に入った中村奨はバントの構え。初球はバントに失敗しファウル、2球目はボールとなり、3球目だった。すっぽ抜けた真っ直ぐが中村奨のヘルメットを直撃。審判団の協議の末に危険球と判断されて退場処分を言い渡された。

 先発投手が2回で退場処分となり、ソフトバンクのブルペンでは慌ててリリーフが準備。ドラフト3位ルーキーの津森宥紀投手がコールされた。突然のリリーフとなった津森はこれがプロデビュー戦。まさかの緊急事態で初登板のマウンドが回ってきた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY