巨人パーラはチーム3冠、阪神ボーアは12打数無安打… 助っ人の開幕を診断【セ編】

巨人のヘラルド・パーラ(左)と阪神のジャスティン・ボーア【写真:荒川祐史】
巨人のヘラルド・パーラ(左)と阪神のジャスティン・ボーア【写真:荒川祐史】

巨人のパーラは開幕3試合で打率.556、2本塁打6打点と大活躍

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け延期となったプロ野球は6月19日に開幕した。無観客でスタートした今シーズンの開幕カード3試合は全試合を消化した。

 まだ3試合。だが、12球団の浮沈の鍵を握るのは助っ人選手たち。開幕カードでどのような成績を残したのか。前評判通りの活躍をした選手もいれば、チームの勝敗に直結する不振に陥った選手も……この3試合の成績を見ていこう。まずはセ・リーグ。

【巨人】
ヘラルド・パーラ
3試合 9打数5安打2本塁打6打点 打率.556 OPS1.889

 パーラは阪神との開幕戦で「7番・右翼」でスタメン出場すると8回の第4打席で遊撃内野安打を放ち初ヒットをマーク。さらに第2戦には来日1号を含むマルチ、続く第3戦は2戦連発となる2号2ランを放つなど3試合連続安打と絶好調。打率、本塁打、打点と“チーム3冠”と下位打線ながら存在感を示した。

【DeNA】
ホセ・ロペス
3試合 13打数2安打1本塁打1打点 打率.154 OPS.538

ネフタリ・ソト
3試合 11打数3安打1本塁打3打点 打率.273 OPS.930

タイラー・オースティン
2試合 2打数無安打 打率.000

 ロペスは広島との開幕戦の第1打席で左翼席へ1号ソロを放ち最高のスタートを切った。第2戦は5打数無安打、第3戦も第3打席まで無安打だったが9回の第4打席では右前打を放ちサヨナラにつなげる一打を放った。2年連続本塁打王のソトは開幕戦こそ無安打に終わったが、第2戦には今季1号を含む2安打3打点と活躍。第3戦も1点を追う9回の第4打席で右前打を放ちサヨナラ勝ちを演出した。オープン戦、練習試合で本塁打を量産したオースティンだが、右肘上部の張りのため3試合連続でスタメンを外れることに。開幕戦、第2戦は代打で登場したが快音は聞かれず。

【阪神】
ジェフリー・マルテ
3試合 9打数3安打0本塁打0打点 打率.333 OPS.833

ジャスティン・ボーア
3試合 12打数無安打 打率.000

 来日2年目のマルテは開幕戦で「3番・三塁」で出場すると4打数3安打の大当たり。20日は第1打席で左飛に倒れたがその後は3連続四球。21日は「4番・三塁」と打順を上げたが4打数無安打とブレーキ。バースの再来と期待された新助っ人ボーアは大ブレーキ。開幕、2戦目は「4番・一塁」で起用されたが第3戦では早くも「6番・一塁」に降格。3試合で快音を聞かれず、開幕前の練習試合を通しても21打席無安打と苦しい状況が続いている。

広島のピレラは1番で起用され打率.357、1本塁打2打点と活躍

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY