野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武スパン打率.071&8三振、鷹バレ、オリAJは片鱗… 助っ人の開幕を診断【パ編】

新型コロナウイルスの感染拡大を受け延期となったプロ野球は6月19日に開幕した。無観客でスタートした今シーズンの開幕カード3試合は全試合を消化した。

西武のコーリー・スパンジェンバーグ、オリックスのアダム・ジョーンズ、ソフトバンクのウラディミール・バレンティン(左から)【写真:荒川祐史、藤浦一都】
西武のコーリー・スパンジェンバーグ、オリックスのアダム・ジョーンズ、ソフトバンクのウラディミール・バレンティン(左から)【写真:荒川祐史、藤浦一都】

西武のスパンジェンバーグは1番に抜擢も3試合で14打数1安打、打率.071

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け延期となったプロ野球は6月19日に開幕した。無観客でスタートした今シーズンの開幕カード3試合は全試合を消化した。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 まだ3試合。だが、12球団の浮沈の鍵を握るのは助っ人選手たち。開幕カードでどのような成績を残したのか。前評判通りの活躍をした選手もいれば、チームの勝敗に直結する不振に陥った選手も……この3試合の成績を見ていこう。今回はパ・リーグ。

【西武】
コーリー・スパンジェンバーグ
3試合 14打数1安打0本塁打0打点 打率.071 OPS.143

 練習試合中盤から調子を挙げレッズに移籍した秋山の後釜として期待され開幕戦は「1番・左翼」に抜擢。4回の第2打席で来日初安打となる中前打を放ったが、その後の2試合は無安打。まだまだ始まったばかりだが、打数の半分以上となる8三振を喫しているのが気がかりだ。

【ソフトバンク】
ウラディミール・バレンティン
3試合 12打数3安打0本塁打0打点 打率.250 OPS.558

 実績十分の“最強助っ人”がヤクルトから移籍。開幕戦こそ3三振を喫し無安打に終わったが、第2戦では2安打、第3戦でも1安打とまずまずのスタートを切った。期待されるのはNPB通算288本塁打を誇る長打。来日1号が飛び出せば一気に調子を上げてくる可能性も。

【楽天】
ジャバリ・ブラッシュ
3試合 9打数2安打0本塁打0打点 打率.222 OPS.750

ステフェン・ロメロ
3試合 10打数3安打0本塁打0打点 打率.300 OPS.917

 昨季球団最多の33本塁打を放ったブラッシュは開幕戦で「3番・DH」で出場。2戦目では2番で起用されると4回の第2打席で左翼線二塁打、3戦目は3番に戻り1安打と上位での起用が続く。オリックスから移籍したロメロは3戦とも「6番・右翼」で出場し古巣との開幕戦では2安打を放つなど自慢の打撃で結果を残した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」