野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人パーラが2冠、燕坂口は打率6割、2投手が開幕アーチ 開幕カード投打5傑【セ編】

待ちに待ったプロ野球は19日に開幕を迎えた。巨人は開幕3連勝、阪神は12球団で唯一白星なし、パ・リーグはビジター球団が勝ち越しとなった。ここでは開幕3試合での投打の成績を見ていく。まずはセ・リーグから。

巨人のヘラルド・パーラ(左)とヤクルト・坂口智隆【写真:荒川祐史】
巨人のヘラルド・パーラ(左)とヤクルト・坂口智隆【写真:荒川祐史】

巨人新助っ人パーラが本塁打、打点の2冠

 待ちに待ったプロ野球は19日に開幕を迎えた。巨人は開幕3連勝、阪神は12球団で唯一白星なし、パ・リーグはビジター球団が勝ち越しとなった。ここでは開幕3試合での投打の成績を見ていく。まずはセ・リーグから。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

○打率
1 坂口智隆(ヤ).600
2 パーラ(巨).556
3 岡本和真(巨).500
3 木下拓哉(中).500
5 高橋周平(中).462

 打率部門では昨季の怪我から復活をかけるヤクルト坂口が.600でトップ。3試合すべて1番で先発出場し、13打席立ち、凡退したのは4回だけ。出塁率も.692で12球団トップだ。2位には巨人の新助っ人パーラがランクイン、しっかりと結果を残した。

○本塁打
1 パーラ(巨)2
1 鈴木誠也(広)2
1 山田哲人(ヤ)2
4 大瀬良大地(広)1
4 西勇輝(神)1
他1本13人

 開幕戦では史上初となる投手による2本の本塁打が飛び出した。巨人の新助っ人パーラは打率でも上位。オープン戦、練習試合でも本塁打は生まれなかったが、開幕3試合で2本塁打を放っている。広島の鈴木誠、ヤクルトの山田哲も開幕カードから2本のアーチを放った。

○打点
1 パーラ(巨)6
2 鈴木誠也(広)5
3 岡本和真(巨)4
3 京田陽太(中)4
3 山田哲人(ヤ)4

○盗塁
1 高橋周平(中)1
1 坂本勇人(巨)1
1 エスコバー(ヤ)1
1 山田哲人(ヤ)1
1 メヒア(広)1
1 糸原健斗(神)1
1 近本光司(神)1
1 湯浅大(巨)1

○安打数
1 坂口智隆(ヤ)6
1 高橋周平(中)6
3 5安打9人

○OPS
1 パーラ(巨)1.889
2 鈴木誠也(広)1.720
3 岡本和真(巨)1.483
4 宮崎敏郎(De)1.364
5 坂口友隆(ヤ)1.292

 打点、本塁打で巨人のパーラは2冠と好調。規定打席未満ではあるが、投手ながら開幕戦で大活躍した西のOPSは脅威の4.000。大瀬良も2.333となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」