野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

将来はチームの核に? 開幕3試合で光った12球団期待の新星候補たち

6月19日に開幕して、まだ各球団が3試合を消化しただけ。それでも、新たな若い力が存在感を示し、今後に大きな期待を抱かせる若手がいた。そこでここでは開幕の3試合で光った12球団の若手選手に注目。主な選手をピックアップしたい。

広島・森下暢仁(左)とソフトバンク・栗原陵矢【写真:荒川祐史、福谷佑介】
広島・森下暢仁(左)とソフトバンク・栗原陵矢【写真:荒川祐史、福谷佑介】

広島の森下、中日の梅津はローテの中心として期待を抱かせる投球

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れて6月19日に開幕を迎えたプロ野球。無観客での開催となったが、待望のプロ野球開幕で多くのファンがテレビやインターネットを通して試合を観戦したことだろう。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 6月19日に開幕して、まだ各球団が3試合を消化しただけ。それでも、新たな若い力が存在感を示し、今後に大きな期待を抱かせる若手がいた。そこでここでは開幕の3試合で光った12球団の若手選手に注目。主な選手をピックアップしたい。

・広島:森下暢仁投手

 開幕第3戦となった21日のDeNA戦で先発し7回4安打無失点と好投したドラフト1位右腕。9回に抑えのスコットが逆転サヨナラ負けを許してプロ初勝利は消えてしまったが、その投球内容は素晴らしいものだった。V奪還を狙う広島にとって、新たなエース候補の誕生を予感させる試合となった。

・中日:梅津晃大投手

 こちらも開幕第3戦のヤクルト戦で先発。7回を投げてわずか3安打、無失点に封じる見事な投球を見せて今季の初勝利をマークした。DeNA上茶谷、ソフトバンク甲斐野と同じ東洋大出身の2年目。竜のエースとなれそうな投球だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」