野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武スパンジー激変の舞台裏 辻監督が打率0割台でも1番起用を貫いたワケ

まさに別人のようだった。西武の新外国人コーリー・スパンジェンバーグ外野手は23日、メットライフドームで行われたソフトバンク戦で、来日1号の先制満塁本塁打を含め5打数4安打の大活躍。それまでの開幕3連戦で14打数1安打8三振、打率.071と、からきしだった助っ人と同一人物とは信じられないほどだ。

1号満塁本塁打を放った西武スパンジェンバーグ(左)と辻監督(中央)【写真:荒川祐史】
1号満塁本塁打を放った西武スパンジェンバーグ(左)と辻監督(中央)【写真:荒川祐史】

打線組み替え望む声も上がったが、一貫していた指揮官の評価

■西武 11-3 ソフトバンク(23日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 まさに別人のようだった。西武の新外国人コーリー・スパンジェンバーグ外野手は23日、メットライフドームで行われたソフトバンク戦で、来日1号の先制満塁本塁打を含め5打数4安打の大活躍。それまでの開幕3連戦で14打数1安打8三振、打率.071と、からきしだった助っ人と同一人物とは信じられないほどだ。

 試合後、「実は、開幕3連戦ではちょっと首を痛めていた。それが(試合のなかった)昨日休んで良くなった」と明かしたのは辻発彦監督だった。「首に張りがあったみたいだけど、スパンジー本人はあまり口に出さない。彼はジェントルマンだから、弱みを見せない。自打球を当てても、トレーナーに『来るな!』というほどだから。その彼が『首が少し……』と言っていた。だから、あんなに三振しちゃったのかな?」と最後はおどけた。

 1勝2敗と負け越した開幕3連戦をうけ、チーム関係者の間では打線の組み替えを望む声もあった。この日の相手の先発投手は、やはり新外国人でメジャー通算54勝の実績を誇る左腕マット・ムーア。左打者のスパンジーはそれまで、左投手には6打数ノーヒット5三振ととりわけ酷かったのだから無理もなかった。

 しかし、辻監督はスパンジーを切り込み隊長の1番とする打線に一切手を加えなかった。「今は打ちたいという気持ちが強く出過ぎているが、ボール球にさえ手を出さなければ、いいものを持っている」と評価を下げなかった。そして、スパンジーはムーアから1回に左前打、2回に満塁弾、4回には右前打。7回には俊足を生かし、3番手の右腕・尾形から遊撃内野安打を奪ったのだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」